ハリー・ポッター 秘密の部屋

映画・DVD comments(0) - 麗光



私が好きなハリー・ポッターシリーズ。

テレビで放映されたので、また見た。
何度見ても面白いし、毎回、新たな発見がある。


「秘密の部屋」では…

大方の人が知っているとは思うけど、これから見る人は、ネタバレに注意!!



ハリーがトム・リドルと対峙し、
トムがヴォルデモート卿こそ、偉大な魔法使いになった時に名乗る為に、自らつけた新しい名前であると言い終わらないうちに、ハリーが遮った。
「もっとも偉大な魔法使いはアルザス・ダンブルドアだ!」と。

さらに追い打ちをかけるトム・リドルに向かって、力強く叫んだ。
彼を心から信じる者がいる限り、いなくなりはしない!



フォークス(不死鳥)がハリーの危機を救う。



すべてが終わった後、ダンブルドア校長がハリーに言った。

「ハリーまずは君に御礼を言いたい。君は誠の信頼を示してくれた。そうでなければフオークスは呼び寄せられまい。」



ここです!
ここですよ!

今回、深く心に響いたのは!



君は誠の信頼を示してくれた。そうでなければフォークスは呼び寄せられまい。」




誠の信頼。



神様を信じる気持ちと同じ。

嘘偽りのない、まっすぐな気持ち。






鑑定士になりたての頃、えらく強いモノを付けた人が来た。


もともと自分に自信がなく、駆け出しだったこともあって、目の前の人に圧倒された。





後日、そのことを話したら、「自分の神様はすごい神様なんやから自信を持っていい。」と師匠に言われた。





今なら良く判る。




そして、ハリーの気持ちも。






 
コメント一覧
コメントする

 

無料ブログ作成サービス JUGEM